s11

ノンレム睡眠時の行動である寝返りが多い人は○○だった!

誰であっても

毎朝スッキリと目覚め

身体が軽い状態で

1日を始めたいものです!!

 

身体が重い状態で会社へ出勤

 

とっても疲れているのに

寝ても疲れが取れない

 

そんな経験をしたことはありませんか?

 

その原因は

寝返り

にあるかもしれません!!

 

朝起きた時のスッキリ感は

寝返りをしっかりうっていたことの

裏返しでもあるわけですが

多すぎると不安になりますよね!

 

今でこそ改善はしましたが

昔は本当にひどかった。。。

ベッドから落下するなんてしょっちゅうでした。泣

 

しかも深い眠りに入っている

ノンレム睡眠中に落下するため

目覚めも中々しんどい。。。

 

きっとそんな経験をされた方もいらっしゃるのでは?

 

今回はノンレム睡眠中の主な行動である

寝返り

についてのお話をしたいと思います。

 

ノンレム睡眠とは?

s12

 

まずは

レム睡眠、ノンレム睡眠について

少しだけ説明したことがあると思います。

 

レム睡眠のレムとは

Rapid Eye Movement

(急速眼球運動)の略で

文字通り寝ている時に

眼球がキョロキョロと瞼

の中で動いている状態のことを言います。

 

レム睡眠時は

体が寝ていて脳は起きている状態ですので

夢を見るのはレム睡眠中となります。

 

逆にノンレム睡眠とは

脳は寝ており

体は起きている状態になります。

 

身体は起きている状態になっているので

筋肉などに力が入り

寝返りをうつことが出来ます

 

ちなみに心霊現象の大御所(?)である金縛りですが

レム睡眠中に体験する人が多いのは有名な話です。

 

メカニズムとしては

脳は起きているために

睡眠中に目が覚めてしまって起きようとしますが

体は寝ている状態なので

筋肉に力を入れることが出来ずに

麻痺したように動けなくなるのです。

 

これは一般的に睡眠麻痺と呼ばれていますが

本当に心霊現象の場合もあるので

体験した人はかなりの恐怖だと思います。

 

私も過去に同じ症状になったことがあり

いくら体を動かそうとしても

全く動かずに体中がしびれていました。

(足がしびれてジンジンとなる感覚が全身にあるのです)

 

 

では寝返りを打つことによる身体への影響はどうなのでしょうか?

 

ノンレム睡眠時の行動である寝返りが多い人は○○だった!」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)