睡眠障害の1つである過眠症[ナルコレプシー]を紐解く!

s17

皆さんゴールデンウィークはいかがでしたか??海外に旅行へ行った人、家族と故郷へ帰ってのんびりした人、カレンダー通りに休日の間に遭った平日に仕事をした人、はたまた休日など関係なく仕事に追われた人など様々なゴールデンウィークだったかと思います。

ところで、私が最近少し気になっていることがあります。それは、上京した方、且つ夫婦両方が地方の出身であった場合どちらに帰省するのかでもめたりするものなのでしょうか??

私も妻も地元出身で帰ろうと思えばいつでも行ける距離なのでそのような疑問に行き着くことがありません。(妻の実家は自宅から2分くらいのところにありますのでなおさらですが。笑)

私の両親も同じ出身地で住んでいた場所も同じでしたので今までそのような経験がないのです。誰か私の疑問にお答えいただけると嬉しいです。笑

さて、そんな私の個人的な疑問はおいておきまして、今回は睡眠障害の過眠症、中でもナルコレプシーについてお話ししたいと思います。

聞きなれない言葉だと思いますのでわかりやすく説明させていただきます。最後まで飽きずに読んでください!!(涙目)

 

ナルコレプシーとは??

ナルコレプシーという言葉を聞いたことはありますか?おそらく、ほとんどの人が初耳かもしくは言葉だけで意味までは知らないのではないでしょうか。

もし知っていたらかなりの物知りな人か睡眠に関する知識を専門的に勉強、研究している人だと思います。

ナルコレプシーとは過眠症の症状の1つで、別名(通称)居眠り病と呼ばれています。

この別名を聞いただけでどのような症状かはピンとくるかもしれませんが、お察しの通り日中でも起きていられない病気なのです。

日中起きていられないといっても、ずっと寝てしまっているわけではなく別名の通りに急な眠気に襲われて会議のような緊張する場面でも突然居眠りを始めてしまう病気です。

通常は30分ほどで目が覚めて頭がスッキリしますが、ひどい人になると同じ事が数回日中に発生します。また、昼間居眠りを何度もしてしまうので逆に夜寝付けなくなる「不眠症」を併発してしまう可能性がある病気でもあります。夜グッスリ眠ったのに昼間に猛烈な眠気に襲われてしまう人はナルコレプシーが発症している可能性があります。

 

ナルコレプシーの原因

ナルコレプシーがどのような症状なのかはご理解いただけたかと思いますので、次はナルコレプシーの原因についてお話ししたいと思います。

人は睡眠をとるとレム睡眠とノンレム睡眠を一定の間隔で交互にとりますが、ナルコレプシーはこの睡眠サイクルの切り替えが正常に出来ないために発生するのではないかと言われています。

 

ナルコレプシーの症状で悩まされている人は昼間の猛烈な眠気はほかの過眠症の症状と共通ですが金縛りや悪夢といった症状に悩まされることも多々あります。

 

また、ナルコレプシーの患者の90%は神経ペプチドの1つである「オレキシン」が不足しているというデータはあるのですが、何故不足しているかの原因はいまだに解明されていません

 

 

日本はナルコレプシー患者数が世界一!!

s18

さて、日本では居眠りなんて日常茶飯事だと思います。私も仕事中などに居眠りをしてしまう事がもう毎日のようにあります!!

注:良い子のみなさんはマネしませんように!笑

 

ナルコレプシー発症率は世界的な平均でみると10002000人に1人の割合と言われていますが、日本では600人に1人の割合で症状があらわれています。

世界の平均と見比べるとものすごい確率ですね・・・。

周りによく居眠りをしている人はいませんか??たまに居眠りをしているのであればその人はただの寝不足なのでしょうが、毎日のように居眠りをしたり、昼間なのに猛烈な眠気を訴えている人はナルコレプシーの症状に悩まされているのかもしれません。

寝不足でもないのに昼間に猛烈な眠気に襲われている人は疲れがたまっているのではなく過眠症にかかっている可能性がありますので、自分勝手な判断は絶対にしないでお医者さんに相談してください。

 

 

お医者さんに相談して原因不明の症状と戦う!

s19

 

最後になりますが、ナルコレプシーの対処法についてもお話をしておきたいと思います。

対処法と言っても素人が原因不明の症状相手に出来ることなどたかが知れているのが現状です。(きつい言い方かもしれませんが、素人考えは通用しない手ごわい症状なのです)

そんな時には1人で悩まずに専門の先生に相談するのが1番です。精神科を訪ねて症状を伝えて頂ければ解決する道は必ず開けます!!

1人で悩んで症状を長期化させてしまってはいいことなど何もないので、早めに相談をしてください。

また、ナルコレプシーは昼間に症状が出る睡眠障害です。周りの人の理解やサポートが必要なこともたくさんあると思います。

ナルコレプシーの患者は居眠りしたくて寝ているのではありません。だから周りの人は「またあいつ居眠りしてるよ」などの悪口・陰口を言わないであげてください。

患者さんは苦しんでいるのです。ただでさえ1人で苦しんでいるのに周りの人にそのようなことを言われたらもっとつらいのは分かっていただけるかと思います。

この記事を読んで周りに疑わしい人がいると思われる方は、声をかけてあげてください。

患者さんとお医者さんだけでなく、周りの人も手を取り合ってこの症状に打ち勝ちましょう!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)