sun-2297961_1920

太陽は睡眠の見方!?睡眠と日光の関係を知り快眠へ!!

 

暑い季節は看護師や工場勤務で夜間も仕事がある人にはつらい季節です。

 

気温が高いのも寝づらい要因の一つなのですが、一番つらいのは太陽の光がかなり眩しいことです。

人間も動物の一種であるため、太陽は睡眠に大きく影響します。

 

今回は睡眠と太陽の関係性と、体内時計のお話をしたいと思います。

私の体験談や日ごろ昼間寝るときにしている対応などを記載していきたいと思いますので、是非参考にしてみてください。

 

 

太陽の明るさはルクスで値を出している

 

睡眠1

 

太陽の明るさは日中と朝晩で違いますが、天気によっても眩しさや明るさは全然変わってきます。

では、太陽光はどのような指標を用いて明るさを表現するのでしょうか。

ちなみに照明はW(ワット)で表現していますが、Wは消費電力の数値になるので明るさとは関係ありません。

 

太陽光はルクスで表します。

ルクスとは、光源から手元に直接届く光の明るさのことです。

 

このルクスが高ければ高いほど光が眩しいということになります。

真夏の日中の太陽は100,000ルクス、夏の曇天は50.000ルクス、真冬の日中は50,000ルクス、冬の曇天は10,000~20,000ルクスと言われています。

 

真夏の晴れた日中と真冬の晴れた日中では明るさが2倍も違います

 

一方で人工的な光(部屋の照明)などはルクスに表すとそれほど高くありません

蛍光灯は500ルクス、部屋の電気は約1,000~1,300ルクス、月明かりは約0,2ルクス、

星明りは0,1ルクスと言われています。

 

照明と太陽光の明るさを比べてみると照明は太陽に比べるとその影響は大きくありません。

地球からかなり離れているのに手元にある光より明るいとは、太陽の力は絶大なものだと実感できます。

 

 

体内時計は24時間ではない

睡眠2

 

次は体内時計のお話をしたいと思います。

太陽にも1日が24時間であるように人間の体内にも時計が実装されています。

実装というと機械のように感じますが、腹時計のようなものだと気軽に考えてください。

 

そして、最も重要なのは

人間の体内時計は24時間ではありません

 

24時間より少し長く設定されています。

体内時計が調整されないままずっと生活していると昼夜が逆転したり、生活リズムがめちゃくちゃになってしまうのが普通だと思いますが、そんなことはありません。

 

体内のリズムが狂わない理由は単純で、

朝起きて日光を浴びると体内時計がリセットされ、正しい時間に戻るからです。

 

体内時計と親密な関係にあるのがメラトニンです。

このメラトニンとは「睡眠ホルモン」と呼ばれており、夜の9時ごろから11時ごろにかけてたくさん分泌され朝になるにつれて徐々に減少します。そして朝目覚めて太陽の光を浴びるとメラトニンの分泌がストップするのです。

このメラトニンのストップが体内時計リセットの正体です。

 

また、

 

メラトニンは年齢を重ねると徐々に分泌量が減少していきます。

 

お年寄りの方が夜遅くねても朝早く目覚めてしまっているのは、このメラトニンの分泌量が減少して十分な睡眠をとることができなくなっているからです。

 

さらに

メラトニンは明るい場所にいると分泌されにくくなるという特徴もあります。

 

夜中にコンビニやスーパーなど、部屋の照明よりはるかに明るい場所に行くとメラトニンの分泌量が変化し、その後寝つきが悪くなってしまうので、夜中に明るい場所に外出することはできるだけ控えるようすることが大切です。

 

また、実験によって実証されていることは

 

 朝目覚めてから1時間以内に2,500ルクス以上の光を浴びることで、メラトニンの分泌がストップしすっきりと目覚める 

 

部屋の照明では2,500ルクスもありません。

 

では、どうするか。

朝起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びるのです。

朝部屋に差し込んでくる光でも2,500ルクスはゆうに超えているのですっきりと目覚めるには十分です。

 

注意点

太陽を直視してはいけません。眩しいだけでなく繰り返せば視力の低下や失明にもつながる恐れがあります。

 

冬になると夜明け前から出勤したりする場合もあると思いますが、その時は出勤中に朝日が出ると思いますので日向を歩いてみたり太陽の光が届く場所にいるようにすれば体が日中活動するように体内時計がリセットされていきます。

朝すっきり目覚めれないとお悩みの方、朝起きたら部屋のカーテンを開いて思い切り背伸びをしながら太陽の光を浴びるようにしてみてはいかがでしょうか?

 

昼間寝るときの対策法

睡眠3

 

さて、最後になりますが交代勤務や夜間勤務で昼間寝る必要がある人のためになる情報をご提供させていただきたいと思います。

 

 

 

サプリメントの活用

 

昼間どうしても寝付くことができないという人はサプリメントに頼ってみるのもよいのではないでしょうか?

ドラッグストアには専門の知識を持った販売員や薬剤師の方が必ずいらっしゃると思いますので、訪ねてみると丁寧に教えていただけると思います。

 

ちなみにですが、どうしても眠れない時に私が使っているのは「リラクミン」というサプリメントです!

リラックス成分をたくさん含んでいて、身体の緊張をほぐしてくれるので寝付きやすくなります。

天然由来のメラトニンも多く入っているので、かなり寝つきが良くなります!

もし寝つきに悩んでいらっしゃるようでしたら、ぜひ試してみてくださいね!

 

 

 

遮光カーテン

 

その名のとおり遮光性が高いため昼間でも寝室をかなり暗くすることができます。

しかし、遮光カーテンは生地が通常のカーテンより厚く通気性が悪いので、真夏は部屋の温度管理にも十分気を付ける必要があります。(遮光カーテンのものによると思いますので、全てがこの限りではありません。)

 

 

アイマスクを使用

 

理由は、遮光カーテンより費用が安く抑えられ、寝る場合も場所を選ばずに眠ることができます。

遮光カーテンの場合は寝室にしか設置することができない場合が多いですが、アイマスクは持ち歩くことができ、どこでもいつでも使用できるので私はアイマスクの購入をしました。アイマスクでも遮光性が高く、ぐっすりと昼間でも眠ることができます。昼間寝るためだけに遮光カーテンを購入するのは気が引ける、という方はぜひ検討してみてください。

 

ちなみにですが、私の使用しているアイマスクに関しては下の記事で紹介していますので参考にしてみてくださいね!

アイマスクに関してはこちら

woman-2197947_1920

 

 

まとめ

 

今回は睡眠と太陽に関するお話でした。

 

まとめ▼

スッキリ目覚めるためには2500ルクスの光が必要

朝起きて日光を浴びると体内時計がリセットされる

昼間寝たい時はサプリメントや遮光カーテン、アイマスクを使用する

 

夜間勤務者や交代勤務者の方の参考になれば幸いです。

昼間寝るのはかなりきついものです。この悩みは夜間勤務などをしている人でなければ分かりづらいものかもしれません。今はサプリメントやアイテムなどが充実しておりますので、自分に合ったものを選んで昼間でも快適に眠れるようにしていきましょう。

 

寝不足は夜間の仕事中、事故やけがにつながる可能性が高くなります。昼間しっかり睡眠をとり疲れを癒して、元気で健康に乗り切りましょう!!

 

 

太陽は睡眠の見方!?睡眠と日光の関係を知り快眠へ!!」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)