周りを不眠に追い込むハーモニー!?歯ぎしりの原因に迫る!

睡眠11

 

蒸し暑い日が続くようになりましたが、皆さんはキチンと睡眠をとっていますか?暑くて寝苦しいからと何度も夜中に起床したりして睡眠時間が確保できない場合などはないでしょうか。そんなときは、扇風機やエアコンを使用する、アイスノンを使用して睡眠をとるなどの方法で暑さを防ぐことで格段に熟睡できます。また、近年では冷感の敷きパッドなども販売されており布団の上に敷くだけで冷たく感じるという製品まであります。この式パッドはショッピングセンターやホームセンターなどでも購入できたりしますので対策に悩んでいる人は是非購入を検討してみてください。(某有名なショッピングセンターではおそらくほとんどの店舗で販売していると思います。○EONです。カタカナでいうと○オンですよ。笑)夏の暑さはアイテムを利用して回避しぐっすりとした睡眠ライフを送りましょう!!今回のお話はこれで終了です。完

 

・・・嘘です。今回の話はこれからです。というよりタイトルと全然違う話で完結しては読者の皆さんからゆで卵を投げられてしまいます。(昔友人を馬鹿にしたら本当にゆで卵投げられました。笑)

今回は、歯ぎしりに関するお話です。「自分は寝ているときに歯ぎしりしないから関係ない、いびきはかいているけどな」というそこのあなた!もしかしたら、歯ぎしりの不快なハーモニーで周りの人を不眠の渦に巻き込んでいるかもしれませんよ?

ちなみに私の周りでいえば、弟がそうでした。かなり強い力で噛んでいるのか「キリキリキリ」という音がかなりしていて大丈夫だろうかと心配したことが何度もあります。しかし、本人には全く自覚はなかったそうです。自分は関係ないと思っている人、じつはあなたがそうなのかもしれません。

 

歯ぎしりが起こるタイミング

歯ぎしりをする人が毎日周囲にいてはさぞかし眠れないだろう、とお考えの方。その考え方、ちょっと待ってください。

確かに睡眠中に歯ぎしりをする人はいますが、いびきと同じようにかなりの頻度で発生するということはないようです。人によっては一時的な場合もあり、数日経てば歯ぎしりはすっかりなくなってしまうという人もいます。一方で毎晩のように歯ぎしりが聞こえ、ずっと前から歯ぎしりをしているという人もおり、発生する頻度は人それぞれのようです。これがいびきとの大きな違いかもしれません。まあ、いずれも不快であるということに変わりはありませんが。笑

 

歯ぎしりが起こるタイミングも人それぞれのようですが、大体の人は寝付いてしばらくすると歯ぎしりをしているようです。私の弟も眠って30分経たないうちに歯ぎしりをしていました。しかし何度か歯ぎしりをするとその後はすっかりなくなり朝まで爆睡していました。周りの人に無意識に迷惑をかけている歯ぎしり、原因は一体何なのでしょうか。

 

歯ぎしりの原因は身近にある?

睡眠9

 

さて、次は歯ぎしりの原因について解明すべく謎だらけの箱の蓋を開けてみましょう。

実は歯ぎしりの原因はストレスにあるといわれています。先ほど歯ぎしりが一時的なものの人がいるというお話をしましたが、その方たちの大半の原因はストレスにあるでしょう。

そう言える根拠も単純です。ストレスが原因で歯ぎしりをしているのならそのストレスが発散されれば歯ぎしりは止まる。しかし、またストレスが溜まってしまえば歯ぎしりをするようになるというサイクルを繰り返すからです。

では、長期的に歯ぎしりをしている人は一体どのような原因があるのでしょうか。

ストレスが長期にわたってある人も該当するでしょうが、それはほんの一握りの人にしか当てはまらないでしょう。ではほかの原因は?

 

実は、アルコールの大量摂取やたばこの吸いすぎも歯ぎしりの原因とされています。さらに歯並びが悪さも歯ぎしりの原因となります。歯並びが悪い人は歯の矯正や治療をすれば歯ぎしりを解消することができるでしょう。現在歯の治療中であるという人は早めに治療を終了させれば歯ぎしりをすることはなくなると思います。

しかし、歯ぎしりをいつまでも放置しておけば、毎晩のようにかなりの力で噛んでいますのでいずれ噛む力の負担に歯が耐え切れず折れてしまう可能性が十分にあります。

たかが歯ぎしりと思うかもしれませんが、悔しい時などに一時的にする歯ぎしりとは違い睡眠という無意識時に長い時間歯に負担を力いっぱいかけ続けているのです。歯が折れるのも時間の問題となってしまうでしょう。早急に解決することが必要です。

次は、歯ぎしりの予防法、対策についてまとめをお話ししたいと思います。

 

生活習慣、歯の健康を守り歯ぎしりをなくす

睡眠10

まとめになりますが、歯ぎしりを防ぐ対策についてお話ししたいと思います。

まず、ストレスが原因で歯ぎしりをしてしまう人はストレスを発散することが一番です。

上司や学校の先生に怒られてストレスが溜まったのならぶっ飛ばしてストレスを発散しまし・・・じゃなかった、帰りにゲーセンでパンチングマシーンでもぶっ飛ばしてストレスを発散してください。笑 ちなみに私の一番のストレス解消法をオススメするのならば、ボウリングと答えます。穴を掘って地質を調査する方ではなく球を転がす方です?笑

ボウリングは力いっぱいボールを投げれますし、なんといってもピンが倒れた時の快音は爽快そのものです。しかも、運動強度としては馬鹿にできないほどカロリーを消費しますのでストレス発散にはもってこいのスポーツなのです。それ以外ではバッティングセンターなどもオススメです。力いっぱいできることを探してストレスを発散してみてください。

そうすれば歯ぎしりをすることもなくなると思います。

 

次に歯並びが悪い人ですが、早急に歯の治療を完了させることが必須条件です。歯の治療をしない限り解決することはないでしょう。自分の歯を守るためにもしっかりと治療をして、治療後も定期的な検査を受けてください。

次にアルコール、たばこが原因の人ですが、生活習慣を見直してアルコールやたばこの量を抑えるほかありません。これを機に日々の生活を今一度見直しアルコールの量やたばこが多すぎないか再確認してみてください。お酒やたばこが減れば健康にいいどころかお財布の負担も軽くなり、自分の趣味に投資をかけることができる、いいことづくめですよ??

 

最後になりますが、歯ぎしりは無意識で行っているため気づくのに時間がかかるかもしれません。家族がいる場合は自分が問題ないか確認してみると発見が早く原因も探ることができるでしょう。しかし一人暮らしの人はそうはいきません。

一人暮らしの人で発見する手段としては、起きたときに歯や歯茎に違和感がないかを確認してみてください。無意識下で長い時間歯に負担をかけているので朝になれば何かしら違和感があるはずです。自分は関係ないと思わずに朝起きたら口内の違和感をチェックしたり生活習慣、歯の健康を確認してみてください。

また、歯ぎしりを防ぐ方法としてマウスピースを購入することができますので、歯ぎしりの解決までに時間を要する方は購入してみてください。

 

 

自分の歯をいつまでも健康に守ることができれば食事も趣味も思い切り楽しむことができます。

たかが歯ぎしりと思わずにしっかりと治療をして歯の健康を守りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)