睡眠1

パジャマが睡眠に及ぼす影響とその効果とは!?

 

2.パジャマの素材にこだわってみる

睡眠2

さて、パジャマの素材について次はお話ししたいと思います。

 

その前にジャージやスウェットの素材は

ポリエステルやアクリル素材でできていることは

皆さんご存知かと思います。

これらの素材は

汗を吸収しないばかりか

繊維が固いため

寝がえりの際に体の動きを妨害してしまいます

 

スウェットの生地の暑さも

体温調節の妨げになったり

同じく寝がえりの動きを妨害しているので

睡眠時に着用することはオススメしません

ではパジャマはどのような素材でできているのでしょうか。

 

汗の吸収が良くしなやかで

さわり心地が良いといえばやはり

綿(コットン)です。

 

パジャマの大半はコットンで作られています。

コットンは肌触りがよく汗も吸収してくれて

快適な睡眠にはもってこいの素材なのです。

 

他にも綿ガーゼ素材のパジャマもあります。

綿ガーゼは通気性が良く

水分も適度に吸収してくれるので

こちらも睡眠にはもってこいの素材となります。

これらの素材で作られたパジャマは

洗濯機でもあまり気にすることなく

ガンガン洗濯できるので

いつでも清潔に、長く使用することができます。

 

パジャマは長袖長ズボンが一般的ですが

夏はみなさんどのようにしていますか?

夏は暑いからと半袖

半ズボンで就寝したりしているのではないでしょうか。

 

確かに夏は暑いので半袖半ズボンを着用しがちですが

睡眠時に限っては

長袖長ズボンのパジャマを着用するのが最も良い

といわれています。

 

その理由ですが

半袖半ズボンだと夏場にかいたたくさんの汗を吸収しないため

体温の調節がうまく働きません。

そのため体が汗で冷えすぎたりして体調不良を起こす可能性もありますので

しっかりと汗を吸収してくれる

長袖長ズボンのパジャマがオススメなのです。

 

現在は通気性のよい素材でできたパジャマ

(先ほど紹介した綿ガーゼ素材など)がありますので

夏用には少し薄手の通気性が良いものを購入するとよいでしょう。

 

 

では、パジャマで選ぶべき最強素材とは何なのでしょう?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)