すっきり

みんな意外と知らない!?睡眠と便秘の関係性に迫る!

睡眠7

突然ですが皆さん

トイレに行き毎日すっきりできていますか?

 

トイレに行ってもすっきりしない

何日も便が出ていなくて

お腹が痛かったり張りが酷い・・・

 

こういったお悩みは

特に女性の方に多いのではないでしょうか。

 

便秘には様々な原因がありますね。

私の妻も絶賛便秘中です。笑

 

妻は元々便秘しやすい体質ということもあるのですが

現在お腹に赤ちゃんがいるため

さらに便秘になりやすくなっているようです。

 

お医者様に確認したところ

妊娠中は便秘になりやすいため

食物繊維や水分

ヨーグルトなどの乳製品をしっかりと摂取して

適度に運動することが大切と仰っていたので

妻は毎日ヨーグルトや果物を積極的に摂取しています。

 

それでもなかなか便秘は解消されないようなので

現在はほかに解消法がないかを検討中です。

 

 

多くの女性の悩みの1つである便秘ですが

睡眠と関係性があるということを皆さんご存知でしょうか?

実は、意外と知られていない事実なのです。

今回はそんな

便秘と睡眠に関するお話をしたいと思います。

 

便秘といえば食物繊維を摂取すればよいと思いがちですが

便秘にも様々な原因があります。

 

例えば

便が固くなって排出されないということが挙げられます。

食物繊維は便を固める作用がありますので

便が固くなっている人が食物繊維を摂ると

さらに便が固くなり症状が悪化しますので

食物繊維の摂取は厳禁なのです。

 

便秘だから野菜を摂れば大丈夫

結構な方がこのように考えていると思いますが

逆効果だったりしちゃうわけです。

 

 

水分補給で便秘は治るのか?

睡眠8

便秘の主な原因に水分不足が挙げられる場合があります。

体内の水分が不足してくると血液がドロドロになり

不純物を排出することができなくなります。

 

排便は体内の不純物を排出する大切な行動ですが

腸に不純物が集まらず

便が作られなければ

排出はされません

 

便が固くなっている人は

水分を補給することで

便に水分が行きわたり

便を柔らかくしてくれるので

便秘解消の可能性が出てきます。

 

 

しかし

水分補給で便秘が

必ず改善される

というわけではありません

 

水分補給も方法を間違えれば

体調を壊したり

便秘解消に効果がなかったりします。

 

まず1つ目のしてはいけないことですが

水を過剰に摂取することです。

 

確かに便秘の時には水分補給が大事ですが

過度に摂取すると

下痢を引き起こしたり

最悪の場合は

水中毒を引き起こしてしまいます

 

昔実際にあった話では

海外の番組で

時間内にどれだけ水を飲めるかというチャレンジ企画があり

女性が6リットルもの水を飲み干し優勝しましたが

直後に倒れそのまま帰らぬ人となってしまいました

 

その原因こそが水中毒です。

 

短時間で6リットルもの水を

摂取することはあまりないと思いますが

適度にとどめておきましょう。

 

 

2つ目は

冷たすぎる水を飲んでしまうことです

この時期はかなり暑くなってきたので

氷を入れて冷やした冷たい麦茶や水を

たくさん飲んでしまいがちになります。

 

確かに冷えている方が体を冷やす効果もあり

のど越しがいいためたくさん飲みがちです。

 

しかし

体を冷やすということは

内臓をも冷やすということ

 

便を作る内臓の働きを悪くしては

便が作られなかったり大腸へ便が送られなくなるため

便秘を悪化させる原因となります。

 

 

便秘の時は

できるだけ常温に近い水を飲み

内臓の動きを鈍らせないように配慮しながら

水分補給をすることが大切です。

 

 

睡眠不足が便秘の原因となる!?

さて、いよいよ本題の睡眠と便秘の関係性についてです。

睡眠不足になると便秘を引き起こすこと

皆さんはご存知でしょうか?

おそらくご存じない方が多いかと思います。

 

睡眠不足が便秘を引き起こすメカニズムですが

睡眠中は「副交感神経」が活発になります。

 

この副交感神経が活発になると同時に

内臓の動きも活発になります。

 

つまり

便は人が寝ている間に

体内で作られているのです。

 

しかし、寝不足になれば

副交感神経の動きが科発になる時間が減り

それに比例して内臓の働く時間も短くなります。

 

それではまともに便を作ることができません。

何日も便が出ていない人は

睡眠不足が原因であることが多いのです。

皆さんの中にも当てはまっている人はいるのではないでしょうか?

 

 

睡眠不足の原因はストレスや運動不足など様々ですが

近年では

テレビやスマホの影響により

睡眠不足となるケースが増えています

 

テレビやスマホから発せられる

ブルーライト

には人の脳を活性化させる効果があります。

 

寝る前にスマホやテレビを見ていては

脳が活性化されてなかなか寝付くことができません。

子供の睡眠不足や便秘などが

増加傾向にあります

 

 

少なくとも

睡眠をとる2時間前には

テレビやスマホを見ることはやめて

脳をリラックスさせておきましょう

 

また

睡眠直前に食事を摂ることもNGです。

 

寝る前に食事をしていては

消化のために内臓が活発に動くため

体が興奮して寝付けなかったり

深い眠りに入ることができません。

 

食事も睡眠をとる2時間以上前には

済ませておくように心がけましょう。

 

 

睡眠不足を解消して毎朝すっきり快腸に!

睡眠9

今回は便秘に関するお話をしましたが

睡眠不足が便秘の原因と知って

皆さん驚かれたのではないでしょうか?

 

便秘といえば運動不足や野菜不足

ストレスや水分不足などが

主な原因であることは確かなのですが

近年では忙しい社会やテレビ・スマホの普及により

睡眠不足が大きな問題となり

それが便秘の原因となっています。

 

食事のバランスも問題なく

適度に運動をしてストレスを発散しているが

なかなか便秘が治らないとお悩みの方

今一度睡眠時間や睡眠前の行動を振り返ってみてください。

 

睡眠時間が短くありませんか?

 

寝る直前にテレビやスマホを見たり

食事を摂っていませんか?

 

そういった

毎日何気なく行っている行動が

便秘の原因となっている

可能性は大いにあります。

 

原因がわからなければ

専門医とお話をしてみるのが

原因を探るうえでの一番の解決法ですが

もし睡眠や寝る前の行動に関して問題があれば

それらを改善すれば自然と便秘も収まってくるでしょう。

 

しかし

便秘が改善されるまでには

少し時間がかかります

 

まず便を排出することが大事になりますので

改善されるまでの間は便秘薬や医師から処方された薬を使用して

体内に便をできるだけため込まないよう

対策を行うことも大切です。

 

便をため込んでいるということは

不純物が大量に体内に蓄積されている

ということになりますので

体調不良の大きな原因となってしまいます。

 

睡眠前の正しい行動

しっかりとした睡眠時間を確保して

便秘に悩まないすっきりとした毎日を迎えましょう!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)