睡眠10

知って得して自慢しよう!睡眠と酵素のお話し

睡眠10

皆さんは発酵食品を

普段どれほど口にしていますか??

 

発酵食品で代表的なものは

納豆味噌がありますね。

 

みそ汁はかなりの日本人が

朝に食べているかもしれませんが

納豆は好き嫌いがはっきり分かれる

食べ物の代表格です。

 

そんなことを言っている私も

昔は納豆が大嫌いでした。

 

まず、匂いがダメで

ネバネバと糸を引いている様子を

見るのも嫌でした。

 

さらに、納豆を混ぜるときの

グチュグチュ音で食欲が失せて

見たくもない食品No.1でした。笑

 

私が納豆を克服したのは

小学4年生の時です。

 

学校の給食では

定期的に納豆が出ていたのですが

私は納豆好きの友人に

いつも献上していました。

 

その納豆好きの友人と

給食時の席が同じとなり

私の目の前でいつも通り

おいしそうに食べている友人を見て食べたところ

その納豆はかなり美味しくて

それ以来納豆にハマりっきりです。

 

しかし

納豆の豆が砕いてある引き割り納豆は

あまり美味しく感じないので基本食べません。

 

大人になってからは

ワサビやからしなどの

薬味を使用するようになり

納豆にも入れて食べています。

 

市販のものでもワサビが同封されていたり

タレの味がしそ味であったりと

納豆のにおいや味がダメな人でも

おいしく食べれるように

バリエーションが豊富になってきましたね。

 

納豆嫌いの人は

薬味を使用することで

克服できるかもしれません。

 

 

 

酵素はどんな食べ物に含まれるのか

 

さて

美容やダイエットに

効果があるとされる酵素ですが

最近では酵素ドリンクなども

テレビ通販で頻繁に取り上げられていますね。

 

そのような特別なドリンクなどを手に入れないと

酵素は取り入れることができないのでしょうか。

 

答えは否です。

 

実は酵素

いろいろな食物の中に

少量ではありますが含まれています。

 

野菜などに酵素が含まれている

というお話は有名ですね。

 

一番酵素が含まれている食物は

発酵食品です。

 

発酵食品とは

納豆や味噌をはじめ

お漬物も含まれています。

 

野菜を生で食べるより

お漬物にした方が

酵素はたくさん摂れるのです。

 

発酵食品に含まれるといっても

使用方法によっては

効果的に摂取できない

場合があります。

 

酵素は熱に弱いため

加熱をする料理では分解されてしまい

うまく取り入れることができません。

 

味噌は加熱する料理に

頻繁に使用します。

 

みそ汁やサバの味噌煮が

代表的な味噌を使用した料理でしょう。

 

味噌は酵素がたくさん含まれているからと

たくさん味噌を入れたみそ汁を飲んでも

分解されてしまっているので

うまく摂取はされません。

 

それどころか

味噌の入れすぎて

塩分過多によるデメリットの方が

大きくなってしまう可能性もあります。

 

味噌から酵素をうまく取り入れるには加熱しないで

生のまま食すのが一番です。

キュウリにつけて食べたりすると

効率よく摂取することができるでしょう。

 

納豆も同じで

アツアツのご飯にかけて食べるより

そのまま食べたほうが一番効率が良いので

納豆好きな方は

是非納豆単体で食べてみてください。

 

 

酵素は体内で生成される!その秘密は睡眠!?

睡眠12

発酵食品に多く含まれている酵素ですが

実は体内でも生成されています

 

しかし

睡眠不足の人は

せっかく体内で酵素を生成させるチャンスを

短くしてしまっており

うまく生成させることができていません。

 

ここでは酵素と睡眠の秘密に迫ります。

先ほど申し上げた通り

睡眠不足では酵素があまり生成されていません。

 

では睡眠時間を長くとればよいのか?

いえいえ、話はそう単純ではないのです。

 

酵素が生成される

最も良い時間帯

(ゴールデンタイム)

が存在します。

 

その時間帯とは

8時から早朝4時の間

とされています。

 

つまり

この時間帯に睡眠をとることで

効率よく酵素を生成することができます。

 

だからと言って

夜8時に寝ることなんて

ほとんどできないと思いますが・・・。

 

ちなみに私は

8時に寝ることは絶対にできません。

なぜなら仕事の定時が20時45分だからです。笑

 

しかし、夜遅くても

0時までに睡眠をとれるようになる人は

たくさんいると思います。

 

夜はできるだけ早く睡眠をとり

ゴールデンタイムを積極的に利用

することで酵素の生成に

十分な時間が確保できます。

 

0時から6時まで睡眠をとった場合と

2時から8時まで睡眠をとった場合では

睡眠時間は同じでも

ゴールデンタイムの時間で比較すると

後者の方が時間が短いため

酵素の生成量に大きな違い

が現れます。

 

そしてゴールデンタイムが過ぎてから

たくさんの時間睡眠をとっても

酵素の生成という点ではあまり効果がないのです。

 

夜8時から早朝4時までのゴールデンタイム

これをしっかりと頭に入れておき

できるだけこの時間帯で

長く睡眠をとれるようにしましょう。

 

 

 

美容と健康は睡眠から!早寝早起きで元気な毎日を

睡眠11

今回は酵素と睡眠のお話をしましたが

いかがでしたでしょうか。

 

酵素の生成を睡眠でしっかりと行うなら

早寝・早起きが大切です。

 

美容と健康のために夜遅くまで起きて

ストレッチや運動を行うことが

悪いことだとは言いませんが

睡眠はそれと同じがそれ以上に大切なのです。

 

寝る前に運動を行うより

早めに寝て

朝いつもより早く起きてから

ストレッチなどをする

という生活習慣に変えていけば

酵素の生成される時間を犠牲にすることなく

睡眠と運動の効果が得られると思います。

 

生活習慣を変えることは簡単ではありませんが

夜は酵素のためのゴールデンタイム

朝はその日一日のやる気と

元気を整えるための

ゴールデンタイム

と捉えればやる気は出てくるのではないでしょうか。

 

 

私も夜は帰宅後するべきことを

さっさと済ませて早めに就寝し

朝は早く起きて

ストレッチや軽いウォーキングを行っています。

 

慣れてくると

このリズムで過ごさなければ逆に

昼間の調子が上がらなく感じるほどに

今の生活習慣はしっくり来ています。

 

また

美容と健康の面からも早寝早起き

早朝の運動は効果的であると実証

されています。

 

美容健康ダイエット

と言いながらテレビを見たりネットを見たりして

夜更かしをしていた皆さん!

酵素を効果的に生成して

朝に運動で代謝を上げる

このリズムを作っていくことがミソですよ!

 

きちんとした睡眠をとり

酵素をたくさん生成して朝は運動し

いつまでもきれいで健康的な体で過ごしましょう!

 

健康な人は年を重ねても美しい

ものです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)